www.developnorthadams.com

歯の着色汚れというのは、実は歯磨きをしても落とすことができないものです。歯磨きをしているから、自分は大丈夫と思っていても、本当は歯が黄ばんできてしまっているかもしれません。 では、歯の着色汚れはどのようにすれば落とすことが出来るのかといえば、専門の施術を受けることで落とすことができます。 それが、ホワイトニングと言われている施術です。この施術は、ホワイトニング剤を歯に塗布し、それによって着色汚れを落とすことが出来るというものです。他にも、歯の汚れ自体を削り、白い部分を表面に出すというような施術方法もありますが、この施術方法では健康な歯を傷つけてしまうことになるのです。歯は一度傷つけてしまうと、元に戻すことはできないのです。ですので、大事にして行く必要があるのに、そのような乱暴な施術をしてしまってはいけません。ですが、ホワイトニングであれば歯を削るような必要もありません。専用の薬剤を使うことによって、本来の歯の白さを取り戻せます。

Link

Copyright © 1996 www.developnorthadams.com All Rights Reserved.