www.developnorthadams.com

日本でもそうですが、その状況に合わせて言葉やトピックスって変わりますよね。 仲の良い友達と話すとき、 目上の方と話すとき、ビジネスシーンで使う言葉は違います。 それは世界共通で同じ。 英語は、敬語や丁寧語がない、と言いますが、 文法やその言い回しで丁寧さや気遣いを表現できます。 とくに、何かをお願いするとき。 英語だと、「〜、Please」と言いがちですか、 本当に相手に迷惑をかける場合には少し気遣いが足りないフレーズです。 日本でも、「もしお手すきでしたら…」などとお願い前に付け足しますが、 英語でも「もし●●なら嬉しいな〜」というような 「I was wondering if...」という言葉があります。 そうすることで相手も「●●してほしいのね」ということがわかり、 OKするときも、断るときも、気兼ねなく答えやすいのです。 このような言葉は、あってもなくても良いものかもしれません。 しかし、コミュニケーションをとるということは こういった細かな気遣いを含めてだと思います。 少しずつ英会話のスキルがあがってきたら、 こういった細かい心遣いが出来るようになりたいなぁと思います。

Link

Copyright © 1996 www.developnorthadams.com All Rights Reserved.